企画力が大事です

successful man

ではさっそくインフラエンジニアがどんな仕事をしていくのかをより具体的に紹介していきましょう。まずインフラエンジニアに求められることは設計図を作成することです。インフラを作るときには必ず目的があり、それをしっかり考えた上でどうやってクリアできるのかを洗い出していきます。どんな機能が必用なのか?どんな性能が必用なのか?など、すべて書き出していかなければいけません。これが要するに要件定義と呼ばれる作業です。次に、インフラエンジニアは設計書を作成することになります。なぜ設計書がいるのかというと、プログラマーに作業をしてもらう際に目で確認できるものが絶対に必要だからです。これがなければインフラエンジニアの頭にしか設計図がない状態になるので作るのは当然ですよね。インフラの構築をするのはけしてインフラエンジニアだけではなく、他のプログラマーとの円滑な作業により初めて実現させることができるのです。つまりチームプレイであることを忘れないようにしてください。ちなみに設計書に書く必要のあることは主にどんなスペックのインフラなのかや、どれくらいの予算がかかってしまうのか?そしてプロジェクトを行う期間などが必用になります。言ってしまえばインフラエンジニアというのは実際の作業だけではなく、どちらかといえばこの設計に関する考察が一番重要な仕事となってくるでしょう。インフラというまさに基盤となる部分を0から作り出していくとても重要な役目になるので、インフラエンジニアになる方は必ず覚えておいてほしいと思います。