深く仕事内容を知ろう

Powerful young boys

設計書が上がったら、今度は本編である構築作業に移ります。このタイミングで実際にどんな機器が必要になるのか?どんなソフトウェアが必要になるのか?といったことを考えて発注処理をしていくことになります。つまり、発注したものが届いてから本格的に構築作業をすることになるわけです。ちなみに機器の運搬や機器の組み立て、他にも設定作業や動作テストなどかなりやることが盛りだくさんとなるわけですが、意外とやっていることは普通だったりします。一般家庭でパソコンを購入した際にやる設置作業と大して内容は変わりません。ではここであなたがインフラエンジニアになることで、どんな能力が身につくのか?そしてそもそも必要だと言われている能力などを簡単に挙げていきたいと思います。まずインフラエンジニアには管理能力が欠かせません。つまりマネジメントスキルです。けしてひとりで仕事をするわけじゃないので、チームを管理しまとめることができる人じゃないとまず務まらないでしょう。ただこれもインフラエンジニアとして仕事をし続けていけば必然的に身についてくるようになります。次に、インフラエンジニアになれば意外と体力もつくようになります。なぜなら、インフラ機器は基本的に重量物なので、物を運ぶ際にはどうしても力作業になるのです。なんとなくパソコンの前で黙って仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、むしろコミュニケーションをよくしたり、動き回ったりするのでかなりアクティブに仕事をすることになるでしょう。これを踏まえた上で、インフラエンジニアになることをさらに考えてみてほしいと思います。